Top page
カスタマイズ
ヘビーデューティーなボートトレーラーで培ったノウハウで、
互興マリンではボート以外のお客様へも各種トレーラーをデリバリー。
今回は便利でエコ可愛くて・・・なんてったってリーズナブルという
ミニカーゴトレーラーをご紹介いたします。
   Newミニカーゴデビュー。
大好評だった初代ミニカーゴに引き続き、ニューモデルのご案内ができるようになりました。
便利でかわいいNewミニカーゴ。皆様のカーライフにプラスワン。ぜひご活用ください。


長らく欠品状態の続いておりました
Newミニカーゴ(軽規格)ですが
間もなくご案内可能となります。
詳しくは、メールにてお問い合わせください。

(2014/10/11更新)





イマドキ・・・いつ積むか判らない荷物のために、
普段から・・・高価で巨大なRV車や、軽トラックに我慢して乗っているのは
ナンセンス。
↑この表現もナンセンス(笑)↑


エコカー減税施策に乗っかってエコカーにした。
燃費が気になり、維持費も安い軽自動車にした。
けど・・・、

いざというとき荷物が積めな〜い。


家族でアウトドアを楽しみたいけど、全員乗ると・・・
キャンプ道具が積めな〜い。


ましてや・・・
車を買い替えるお金なんかな〜い!!!




そこまで言うあなたにも
一発解決の
互興マリンの回答。


【ミニカーゴトレーラーの利点】
このサイズのトレーラーは、牽引免許が不要です。
軽自動車登録なので、普通トレーラーよりさらに維持費がお得です。
トレーラーは、エンジンも舵取り装置も前照灯もありません。
トラブル要因も少なく、メンテナンスが楽々。
全長も短いので、内輪差もほとんど気になりません。
トレーラーだと、仕事道具も遊び道具も
帰ってきて牽引車からはずすと、そのまま保管する倉庫になっちゃいます。
汚れた物はトレーラーへ。汚れ物を車内に積まなくてもよくなります。
ヒッチメンバーが付いていれば、複数台でトレーラーを使いまわしも出来る。
それでも荷物を積むために、エンジンつきの車をもう一台買いますか???
それより・・・
このミニトレーラーの利点を考え始めると、
もっと・もっと・も〜っといいことが思いついちゃう。
→キャンプサイトでセットアップ・設営終了。・・・あっ!!!買い物忘れ。テントサイトを撤収しますか?
→たまたま早く目が覚めた休日、すごくいい天気。釣りにでも行こうか。トレーラーに釣り道具一式全部入っていたら?繋いで、即GO!
→いゃぁ・・・遊んだ遊んだ。雨も降ったし泥だらけ。魚の入ったクーラーボックスに雨合羽+長靴。トレーラーがあったら???
→2人乗りのシティーコミューターを買った。普段は1人で荷物もなく小さくて便利。でも、2人乗って買い物に行ったら???

【注意】
・トレーラーを連結した際のトレーラーと牽引車の内輪差は、牽引する車両や、その牽引する状況によって異なります。
・トレーラー本体や積載物などの保管上のセキュリティーは、各所有者の自己責任のもと管理を行ってください。
・トレーラーが汚れた場合は、適宜洗浄してください。
・トレーラーを複数台で使い回しする場合には、当該トレーラーとの連結検討がなされてその容量を満たすことが必要です。

   
Newミニカーゴ(軽規格)デビュー
間もなく入荷。。。只今次回ロット予約受付中!!!
 FEATURES ! ここに注目

四角いフォルムはそのままに・・・

シルバーカラーでどんなけん引車やシーンにもフィット

先代ミニカーゴちゃん同様、機械式慣性ブレーキ標準装備

そして今回Newモデルの最大の相違点はA型のフレームになったこと!

前回同様、ガバッと開く天蓋には・・・

ダブルのガスアシストダンパーが標準装備。

インジケーター付50mmボール用ワンタッチカプラもそのまま標準装備

ホイールジャッキも標準装備で楽々

あおりのファスナーはロック機能も付いて、リア部からサイド部へ

後部あおりの取り外しはロック付きのワンタッチピンになりました

ワンタッチの防水コネクタ仕様の尾灯灯火類のケーブル

スペアタイヤ(オプション)もスマートに収納

レバー式のサイドブレーキも標準装備で安全確実楽々駐車可能
標準装備
  ・A型フレームになった亜鉛メッキフレーム
・機械式慣性ブレーキ
・レバー式サイドブレーキ(パーキングブレーキ)
・独立懸架サスペンション
・ホイールジャッキ
・ダブルガスアシストダンパー付天蓋
・国内認可灯火類
・予備検査済み引き渡し
・連結検討1台分サービス
・EU7p電装(別途US7p変更可能)

  しかも予備検査付き本体ベース価格
\2??,000-
(消費税・運賃・登録諸経費別途)

はやくも残りわずか。メールにてお問い合わせください


北海道から大阪、名古屋、九州まで納車実績あります。
 諦めない情熱を持っているあなたには、互興マリンが全力でアシストいたします。
先日Newカーゴちゃんは、早速!!フェリーにて遠方納車、旅立っていきました!!
仙台港から苫小牧港、名古屋港へフェリー航送可能です。
九州地方へもフェリーで航送、お届けいたします。
諦めきれない熱い情熱をお持ちのあなた!!
互興マリンが全力アシストいたします。ぜひご相談ください。

Newミニカーゴ(軽規格)基本仕様
外寸 2480x1240x1280
カーゴ内寸 1430x106x350(天蓋の深さは320)
車体重量 140kg
最大積載量 300kg
タイヤサイズ 145-10
ヒッチボールサイズ 50mm/2インチサイズではありません 
備考 機械式慣性ブレーキ標準装備
注意 以前設定のあったキャリアなどの対応不可

 


【ご注意ください!!!】
 以下は大好評でした初代軽カーゴちゃんのデータです。



FEATURES ! ここに注目

ホイールジャッキが標準装備でらくらく移動。
手押しで移動できちゃいます。

機械式慣性ブレーキで、制動も安心。
レバー式のサイドブレーキで一発駐車。

ラバートーションアクスルサスペンション。
リーフとは違う安定した走行性能。
・基本フレームは亜鉛めっきでバッチリ防錆
・ホイールジャッキで、手押しの移動も楽々
・機械式慣性ブレーキで制動も安心
・レバー式サイドブレーキで一発パーキング制動
・ラバートーション独立サスで吸い付くような走り
・作動部分にはグリスニップル付きでメンテも楽々
・天蓋付きで盗難抑止効果
・ガスアシストダンパー付きで天蓋楽々オープン
・予備検査付きで、軽協会申請でナンバー交付
・連結検討書(1台分)付きで、即牽引可能


しかも価格は
\280,000-
(消費税込み、上記標準装備のベースプライス)


ガバッとオープン。荷物の出し入れ楽々。

ミニトレーラーとはいえ、この容量。・・・アナドレマセン。
オプションの一例

アルミ製のベースキャリア

スチール製のカーゴキャリア

スペアタイヤキャリア&スペアタイヤ
注意
・カーゴキャリア設置の場合はベースキャリア必要
です。
・オプション部品も最大積載量に含まれます。
・ルーフトップにのみ重量物を搭載すると走行中に
転倒する可能性がありますので、自己責任による
重量配分を十分ご検討したうえ、安全に配慮して
ご使用ください。
注意

   
2011年モデルで更にバージョンアップ 
 
2011年モデルより、天蓋の形状がエアロダイナミックにバージョンアップ!


ボックスの形状やサイズは変更なしで
ジャストサイズの容量はそのまま!!

価格も据え置きリーズナブル!!
 
流れるようなエアロフォルムに ますます心魅かれます! 

SPEC./主要緒元
全長×全幅×全高
カーゴ外形(長さ×幅×高さ)
カーゴ内寸(長さ×幅×高さ)
最大積載量
トレーラー自重
タイヤサイズ
ヒッチボールサイズ
装備
その他
オプション
2230×1220×1520mm
1500×1150×650mm(天蓋部分+300mm)
1420×1070×650mm(天蓋部分+260mm)
250kg
130s
4.80-10"
50mmボール(2インチではありません)
慣性ブレーキ、ホイールつきトングジャッキ
けん引車登録(連結検討書1台分)付
ルーフベースキャリア、カーゴキャリア、スペアタイヤほか
備考 蓋無モデル:\255,000-(税込)
※ベースプライス、予備検査渡し
機械式慣性ブレーキ装着なので、大型モーターサイクルや
ほとんどの軽自動車でけん引可能です。。。
   
カーゴスペースを20cm低くした、ロープロフファィルなモデルです。
カラーもシャープなブラック仕様。
今までもご好評いただいておりましたミニカーゴトレーラーと同様、安心の
慣性ブレーキ標準装備でご提供可能です。(仕様、詳細はお問い合わせください)
売り切れ御免。問答無用の早い者勝ちです。
トップページ
 
  【ユーザーフォトレポート】
お住まい・・・北海道
牽引車・・・スズキエブリー


北海道へもデリバリー可能です(この時は苫小牧港引き渡しでした)





【ユーザーフォトレポート】
牽引車・・・スズキジムニー




測量機器を搭載して、道なき道を駆け巡り・・・
近頃は、レジャーユースばかりではなく
業務でご利用の方が増えてきています。



トレーラーが広く根付いているアメリカやヨーロッパでは
業務でご利用の方が多いくらいです。
このユーティリティーは本物です。

【ユーザーフォトレポート】
牽引車・・・トヨタ ヴェルファィア







そしてとうとう・・・


東京経由で・・・



九州上陸を果たしてしまいました!!



頑張ってくれよ〜カーゴちゃん(笑)







互興マリンでも大活躍。



ぜひあなたも、
この本物のヨーロッパクオリティーを
手に入れて下さい。


新アイテム

バイクを乗せるトレーラーではなく
バイクで引く(牽く)トレーラーリトルガイ。


互興マリンが、日本のバイクツーリングシーンを塗り替えます。

リトルガイの詳細はここから確認してください。

【注意】すべてのバイクで、すべてのリトルガイを牽引可能ではありません。

 
ハーレー(単車)でも、このカーゴトレーラーを正規に牽引可能。
互興マリンは国土交通省のお墨付き・・・ゲット。
さあ、日本のツーリングシーンが互興マリンから変わります。
(画像はイメージです。ハーレーダビッドソンジャパンはこのトレーラーとの関連はございません。)

←こちらにウインドウが表示されない場合は、こちらをクリック